格安スマホ おすすめ NAVI

格安スマホがなぜオススメなのか?が30分で習得できるサイトです。

格安スマホの維持費用

携帯電話や従来のスマホから格安スマホへ移行する動きが強まっていますが、一言に格安スマホと言っても、端末の安さを指していう場合もあれば、維持費用に対して指している場合、また両方を合わせて言っている場合もあります。

特に重要なのが、継続的な使用を前提にするため毎月にかかる維持費用で、基本料金と通信料と、端末を分割で購入する場合はローン費用が維持費用の大半を占める内訳となります。このため、格安スマホで大幅に下げることができる内訳は基本料金と通信料になります。

特に通信料の節約効果は非常に高く、従来の通信料だと4000円から6000円くらいが相場で、たくさん使用する人になると制限がかかるためプラスで通信料を支払う人もいますが、格安スマホの場合だと同じような条件であっても月額にかかる通信費用は3000円以下に抑えることができます。

どうしても大手の携帯電話会社になると、プロモーションや人件費などの費用が莫大になっているため、そこにかかっているコストを回収するために基本料金を上げる必要があります。

これが維持費用を跳ねあげている要因の一つになっているのですが、ブランドや補助的なサービスなども考えると、費用の高さは致し方ない部分もあります。

昔は大手の携帯電話会社で契約するという選択肢しかなかったので、どちらにしても高い維持費用を支払う必要がありましたが、格安スマホが誕生してからは選択肢が増えたので、自分で自由に選ぶことができるようになりました。

公開日: